流行るホームページのコツはオリジナルコンテンツを豊富に持つこと

まず、検索エンジンの順位を上昇させる手法をSEO対策と言うのは、もう殆どの方がご存知だと思います。

SEO対策は指定のキーワードの検索結果を上位に表示させ、アクセスの増加を目指す事を目標としますが、今日はもう一つ落とし込んだお話をしてみます。

Googleクローラーのアルゴリズムの理由

検索結果の表示順位を決定させるコツには、様々な要因があります。

1)キーワード比率や位置

2)ホームページ・ソースの軽量化

3)ユーザビリティやアクセスビリティの考慮

4)キーワードに沿った情報の発信

5)ブラウザ依存や機種などが無い誰もが見れるホームページ

6)内部リンクや外部リンクの質

等など、数え上げれば切りがない程に要因が多々存在します。

その中でも最も重要な事と言っても過言ではないのが、「オリジナルコンテンツの充実性」が今の時代には最もSEO対策には必須と言っても過言ではないのかもしれません。

まずはホームページを制作するにあたり、SEO対策の最低限でもありますので、よく覚えておきましょう。

SEO対策と流行るサイトの関連性

上記のSEO対策の説明を踏まえ、よく考えてみます。

「何故、検索エンジンはそういったサイトを上位に表示させるのか?」

という点を考えてみると答えは簡単です。

検索エンジンのクローラーが求めている好評価のサイトというのは、検索から情報を調べようとするユーザーにとっても好評化につながる事を意味します。

Googleの検索エンジンにとってもユーザーの調べる検索結果に対して、応えられるホームページを見やすい位置に置く事は、Googleのコンプライアンスにとってもとても重要な要素であり、SEO対策=ユーザーの求める基準とも言えます。

オリジナルコンテンツの重要さ

例えば検索で「料理 ブログ」などと検索をした場合には、ずらーっと同じようなホームページが並んで出力されますが、例えば検索結果の100ページ目の適当なサイトをクリックしてみると、やはり1ページ目に存在しているサイトよりも情報量なども少なく、多くの人が見てくれる様なホームページには見えません。

中でも注目するべき点といたしましては、1ページ目に存在するコンテンツの豊富さには目を疑う程の、オリジナルコンテンツ量で、料理に興味が無い人も楽しんで見れるような豊富なページやアイデアが盛りだくさんになっていることと思います。

これで分かる通り、結論はやはりSEO対策は見てくれる人にとってもとても重要な要素であり、少しでもコンバージョン率などを上げたりする工夫の一つとしても是非、キーワードに対して関連する多くの情報を取り入れる事をお勧め致します。